今すぐスタンプラリーを始めよう

▼ スポット情報提供

スポット名

住所 ※わかるところまで

徳川家康

不遇の幼少時代を乗り越え、江戸幕府を開いた徳川家康

徳川家康
幼少のころは今川家の人質として過ごす。
長い人質生活の後、家康は岡崎城で独立。
信長と同盟を結び、共に勢力を拡大していく。
秀吉の死後、関ケ原の戦いにおいて西軍を破り、
その後江戸城に幕府を開いた。

1-10/全10件
訪問者数:3

西念寺
信長の命により家康の長男信康は切腹させられた。後年、信康を供養するため、半蔵が西念寺を創建した。
訪問者数:6

日光東照宮
「一周忌が過ぎたら日光山に小さなお堂を建てて神として祀ること」という遺命を受け、家康を神格化した東照大権現を祀っている神社
訪問者数:7

岡崎城
徳川家康の生地であり、今川氏の人質生活から逃れ独立したお城である。

訪問者数:0

八柱神社
敵方に内通しているとして殺された、家康の正妻、築山御前の墓がある
訪問者数:0

太刀洗の池
家康の命において、家康の正室である築山御前をこの地で殺害し、その太刀に付いた血を洗ったところと伝えられている。
訪問者数:7

久能山東照宮
晩年を静岡で過ごした家康は遺命として久能山に埋葬された。徳川家康公を祀った最初の神社。

訪問者数:3

関が原の戦い決戦地
徳川家康を総大将とする東軍と毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍との間で行われた戦い
訪問者数:3

関が原の戦い、徳川家康最初陣地跡
関ケ原の戦いで、徳川家康が最初に陣地とした場所の跡地
訪問者数:1

妙国寺
本能寺の変の際、堺を訪れていた徳川家康は妙國寺に宿泊していた

訪問者数:29

二条城
徳川幕府における京都の拠点となった二条城。徳川家康が慶長8年(1603年)に京の宿館として建設した。
1-10/全10件

の画像をアップロードします


※アップロード可能な画像ファイルは10MBまで(選択した画像ファイルサイズ:0MB)

コメント:

の画像をアップロードします


※アップロード可能な画像ファイルは10MBまで(選択した画像ファイルサイズ:0MB)

コメント:

キャンセル

を評価してさらにポイントゲット
GPS:+30pt

みなさんのこのスポットの評価を募集しています。
低い
1 2 3 4 5
高い

レビューコメントでさらにポイントゲット
GPS:+100pt

このスポットの魅力を他のユーザーに教えてあげましょう。(200文字まで)
(0/200文字)
自己申告を取り消す
自己申告スタンプする
スマートフォンでもっと楽しめる