今すぐスタンプラリーを始めよう

▼ スポット情報提供

スポット名

住所 ※わかるところまで

千利休

信長、秀吉に仕えた、わび茶の完成者として知られる茶道の創始者

千利休
わび茶(草庵の茶)の完成者として知られ、茶聖とも称せられる。
若いときより茶の湯に親しみ、信長が堺を直轄地にした時に茶番として雇われた。
本能寺の変の後は豊臣秀吉に仕え、秀吉にとても信頼されていた。
最期は秀吉の命により切腹して果てるが、その死の原因は未だ謎に包まれている。

1-5/全5件
訪問者数:2

千利休屋敷跡
千利休は大永2年(1522年)、堺の裕福な町衆魚屋「ととや」の長男として生まれた。
訪問者数:3

千利休
安土桃山時代の茶人、千利休の像
訪問者数:5

宇治橋「三の間」
豊臣秀吉が利休に茶の湯に使う水を汲ませたところと言われている

訪問者数:4

一条戻橋
秀吉により切腹させられた後、利休の首は一条戻橋に大徳寺三門上の木像に踏ませる形で梟首された。
訪問者数:2

大徳寺
利休に対する感謝の意を表するために大徳寺の三門の上に作った利休の木造が利休切腹の原因となったといわれる
1-5/全5件

の画像をアップロードします


※アップロード可能な画像ファイルは10MBまで(選択した画像ファイルサイズ:0MB)

コメント:

の画像をアップロードします


※アップロード可能な画像ファイルは10MBまで(選択した画像ファイルサイズ:0MB)

コメント:

キャンセル

を評価してさらにポイントゲット
GPS:+30pt

みなさんのこのスポットの評価を募集しています。
低い
1 2 3 4 5
高い

レビューコメントでさらにポイントゲット
GPS:+100pt

このスポットの魅力を他のユーザーに教えてあげましょう。(200文字まで)
(0/200文字)
自己申告を取り消す
自己申告スタンプする
スマートフォンでもっと楽しめる